千葉大学 都市環境システム 塩田研究室

塩田研究室(千葉大学 大学院融合理工学府 数学情報科学専攻 情報科学コース,
地球環境科学専攻 都市環境システムコース)へようこそ

Contents メンバ紹介
研究内容
研究成果 (Publication List)
就職状況
リンク

 塩田研究室では,主として数理モデル・確率モデルとその応用,例えば
   (1)Twitter分析と人間の行動モデル
   (2)無線LAN(Wi-Fi)の性能評価モデルとその応用
   (3)待ち行列理論
   (4)確率モデルとその応用
   (5)位置属性のないIoTデータに基づく環境情報推定
 などのテーマについて,広く研究を行っています.
・リツイートの集中現象とTwitterのマタイ効果に関する研究が国際会議(The 9th International Conference on Social Networks Analysis, Management and Security: SNAMS 2022)でBest Paper Awardを受賞しました(2022.11).
・白木詩乃さんらが執筆したBLE信号を利用した屋内位置推定に関する論文がIEEE Accessへ掲載されました(2022.11).
・合意形成過程に関する論文がACM SIGMETRICS Performance Evaluation Reviewに掲載されました(2022.9).
・4年生が新たに3人研究室に加わりました(2022.4).
・情報工学コース3年生向けオープンラボを2月14日(木)の10時30分から工学系総合研究棟1 5F第2会議室で行います(場所が最初の予定と少し変わっています(4F→5F)ので注意して下さい).南門とは逆側の入口から入りエレベーターを5階で降ります.大部屋の入口の右側にある会議室です.この階には二つの会議室がありますが,小さい方の会議室で行います.

QualNet Network Simulator University Program
QualNet Network Simulator



Copyright (C) 2003 Shioda Laboratory. All Rights Reserved.